VPN 海外サーバー 違法か?いいえ、そんなことは・・

佐々木遥
佐々木遥

VPNを使った海外サーバーへのアクセスは、違法ではありません。

「VPN 海外サーバー 違法か?」という疑問が、多くのインターネットユーザーの頭に浮かぶことがあります。一方で、VPNは個人のオンラインプライバシーを守るために利用される一般的なツールでもあります。この矛盾した情報の中で、VPNの合法性についての明確な理解が必要です。

記事を読んでわかること: この記事は、VPNの合法性に焦点を当て、異なる国や地域でのVPNの法的ステータスについて詳しく説明します。また、日本からアクセス規制された海外サイトに合法的にアクセスする方法についても解説します。さらに、VPNの適切な使用と注意事項についても示し、読者がVPNを安全かつ合法的に活用するための情報を提供します。

記事を読むメリット: この記事を読むことで、VPNの合法性に関する不安や疑問が解消され、VPNを使用する際に自信を持つことができます。オンラインプライバシーを守りながら、地域制限のあるコンテンツにアクセスする方法を理解し、安全かつ法的に活用できる知識を得ることができます。VPNを使いこなすための手順や注意点を把握し、インターネット利用の幅を広げることができます。

 

VPN 海外サーバー 違法|VPNが違法とされる国、VPNが合法の国

VPN(Virtual Private Network)は現代のオンラインプライバシーとセキュリティに不可欠なツールとなっています。しかし、その合法性は国によって異なり、使用前に理解しておくべき重要な情報です。以下では、VPNが違法とされる一部の国と、VPNが合法で一般的に使用されている国について詳しく説明します。

VPNが違法とされる国

中国: 中国では国内のインターネットトラフィックを監視し、非認可のVPNサービスの使用を違法と規制しています。ただし、一部企業向けVPNは許可されています。

ロシア: ロシアでは、非認可のVPNサービスの使用が禁止されており、合法的なVPNサービスは国の認可を受ける必要があります。

アラブ首長国連邦(UAE): UAEでは、VPNを含む一部の通信ツールの使用が制限されており、非合法なVPNサービスの使用は罰則が科されます。

VPNが合法の国

アメリカ: アメリカでは一般的にVPNの使用は合法であり、プライバシー保護やセキュリティ向上のために広く利用されています。

カナダ: カナダもVPNの使用を合法と認めており、オンラインプライバシーを保護する手段として一般的に受け入れられています。

日本: 日本では、VPNの使用は一般的に合法であり、地域制限の回避やプライバシー保護に役立つとされています。

注意事項

VPNの合法性は国によって異なるため、使用前に現地の法律を確認することが重要です。
VPNはプライバシー保護やセキュリティ向上に役立つツールであるため、適切に活用することが大切です。
違法な活動にVPNを使用しないようにし、法律を順守することが必要です。
VPNの法的ステータスは多様で複雑であり、使用国によって異なります。安全で合法的なオンライン体験を実現するために、VPNの合法性を理解し、適切に利用することが重要です。 VPNはプライバシー保護やセキュリティ向上に貢献し、法的問題を回避しつつオンラインワールドを探索するための貴重なツールです。

 

VPN 海外サーバー 違法|日本からアクセス規制された海外サイトを合法的に見る方法

日本からアクセス規制された海外サイトにアクセスする方法は、合法的かつ安全な方法であるべきです。以下に、そのような方法を紹介します。

1. VPN(Virtual Private Network)の活用

VPNは、オンラインプライバシーを保護し、地域制限を回避するのに役立つ優れたツールです。合法的に使用するためには、信頼性のあるVPNサービスを選び、その利用規約を遵守することが重要です。VPNを使用すると、自分の場所情報を隠すことができ、アクセス規制を回避できます。

2. プロキシサーバーの使用

プロキシサーバーは、インターネットトラフィックを中継する役割を果たします。一部のプロキシサーバーは、アクセス規制を克服するのに役立つことがあります。しかし、セキュリティとプライバシーを考慮して、安全なプロキシを選抶しましょう。

3. オープンDNSの設定変更

オープンDNSサービスを使用すると、DNS(Domain Name System)の設定を変更して、アクセス規制を回避できることがあります。公式の代替DNS設定を利用することで、特定の制約を克服できます。

4. 公式代替手段の活用

一部のアクセス規制されたサイトは、公式な代替手段を提供しています。例えば、特定のコンテンツは公式YouTubeチャンネルやソーシャルメディアプラットフォームで利用可能である場合があります。公式代替手段を活用することで、合法的にコンテンツにアクセスできます。

アクセス規制を回避する方法はいくつかありますが、合法的な手段を選び、法律を順守し、プライバシーを守ることが大切です。 VPN、プロキシ、オープンDNS、公式代替手段を活用して、制限のないオンライン体験を楽しむことができます。

 

VPN 海外サーバー 違法|安全!おすすめVPN5選

日本から海外サーバーに接続できる、おすすめVPNを5つ紹介します。

  • ミレンVPN
  • NordVPN
  • スイカVPN
  • Surfshark
  • ExpressVPN

MillenVPN(ミレンVPN)

料金 1ヶ月:1,496円/月(税込)
1年:594円/月(税込) 通常価格より43%お得
2年:396円/月(税込) 通常価格より62%お得
主な特徴 安心と信頼の国産VPN
通信速度 VPNプロバイダの中では高速
セキュリティ ノーログポリシー(ログ保存なし)
保証内容 30日間の返金保証
対応アプリ Mac, Windows, Android, iOS

MillenVPN(ミレンVPN)は、通信の安定性が特徴のVPNサービスであり、世界72箇所の地域で13,000個以上のサーバーを持ち、利用できる地域が限定されているサイトも制限を回避し、自由にアクセス可能です。

MillenVPN(ミレンVPN)の主な特徴について

  • 安心と信頼の国産VPN
  • 高速通信を実現しつつ、高いセキュリティレベルを保つ
  • ログなしポリシーの徹底
  • 30日間の返金保証

MillenVPN(ミレンVPN)は豊富なサーバー数と高いセキュリティに優れており、距離が離れた地域のサーバーでも高速で安全な通信が可能です。

NordVPN

料金 1ヶ月:1,520円/月(税込)スタンダードプラン
1年:630円/月(税込)スタンダードプラン
2年:450円/月(税込)スタンダードプラン
主な特徴 日本語の問い合わせ対応可
通信速度 AV-TEST GmbH(独立研究機関)によると、最速のVPN
セキュリティ 最新のセキュリティテクノロジーを活用
保証内容 30日間返金保証
対応アプリ Windows、macOS、iOS、Android、Linux、Chrome、Firefox、Edge

NordVPNはコストパフォーマンスに優れたVPNサービスとして有名であり、費用を抑えつつ安定した通信を行いたい方におすすめです。

NordVPNの特徴について

  • 世界60か国に5,400台以上のVPNサーバー
  • 通信容量は帯域無制限
  • 1つのアカウントで最大6台まで同時接続可能
  • 豊富な種類のアプリは操作しやすい

NordVPNは世界中の豊富な地域から利用するサーバーを選べるため、さまざまなコンテンツが楽しめるます。

NordVPNは業界初のログなしポリシーを保証しており、セキュリティレベルは非常に高いのが特徴です。

スイカVPN

料金 1ヶ月:1,097円/月(税込)
1年:約938円/月(税込)通常価格より15%お得
2年:約878円/月(税込)通常価格より20%お得
主な特徴 1ヶ月の料金が業界最安値だが、高いセキュリティ保護
通信速度 5種類の接続方式で高速、安全なトンネル通信で容量無制限
セキュリティ 暗号化で通信内容を保護、情報漏えいをガード
保証内容 30日間返金保証
対応アプリ Mac, Windows, Android, iOS

スイカVPNは高いセキュリティレベルの通信に特化したVPNサービスです。

厳しい情報管理が徹底されているため、安心してVPNを利用できます。

スイカVPNの特徴は以下の通りです。

  • ログなし方針の厳しいデータ管理を徹底
  • 土日も日本語サポート
  • 同時接続50台

スイカVPNは、ログなし方針のデータ管理を徹底しているため強力なセキュリティが完備されています。

高いセキュリティを保持しつつ速度も良好な安定的なプロトコルを採用し、ほぼすべてのOS・デバイスに対応。

Surfshark

料金 1ヶ月:1,748円/月(税込)
1年:539円/月(税込)通常価格より69%お得
2年:338円/月(税込)通常価格より81%お得
主な特徴 1年・2年プランが業界最安値、世界トップ5のVPNブランド
通信速度 高速プロトコル OpenVPN UDP / TCP
セキュリティ 強化された暗号化 AES 256 GCM
保証内容 30日間返金保証
対応アプリ Android、iOS、Windows、Mac、Linux、Chrome、Firefox、Amazon fire TV、Apple TVなど

Surfsharkは安い利用料金が人気のVPNサービスであり、充実したサポートが受けられることや同時接続台数が無制限であることから、初心者におすすめです。

Surfsharkの特徴については、以下の通りです。

  • 長期間の利用で格安
  • 同時接続台数が無制限
  • 24時間365日サポートに対応
  • ログなしポリシーのほか、MultiHopやキルスイッチに対応

Surfsharkは、1年プランや2年プランなどの場合は格安で利用できるので、長期的にVPSサービスを利用する方におすすめ。

セキュリティ面においてはログなしポリシーのほか、複数の国を介したネットワークによる個人情報を保護する機能の「MultiHop」、不正にデータを扱われないための「キルスイッチ」にも対応しています。

セキュリティレベルの高い通信が保証されているため、安心して通信が行えます。

ExpressVPN

料金 1ヶ月:約1,800円/月 料金は米ドル請求($12.95)
6ヶ月:約1,400円/月 料金は米ドル請求($9.99)
1年:約1,200円/月  料金は米ドル請求($6.67)
主な特徴 通信速度に特化している
通信速度 VPNネットワークにおいて速度を重視
セキュリティ AESと256ビット鍵(アメリカ政府と同じ暗号規格)
保証内容 30日間返金保証
対応アプリ Android、iOS、Windows、Mac、Linux、Amazon fire TV、Apple TVなど

ExpressVPNは高速通信に対応しているVPNサービスであり、独自のLightwayプロトコルを採用して超高速通信を実現。

日本にもサーバーを多く設置しており、日本から海外の利用だけでなく、海外から日本のコンテンツを楽しみたい場合にもおすすめです。

ExpressVPNの特徴

  • 世界94か国に3,000台以上の超高速サーバー
  • 帯域無制限の高速通信に対応
  • 最大5台まで同時接続可能
  • 独自プロトコルのLightwayにより超高速通信が可能

ExpressVPNも世界中にたくさんのサーバーを設置しているため、環境に合わせてさまざまな国のサーバーから通信が行えます。

独自のLightwayプロトコルのほか、OpenVPN、L2TP/IPSec、IKEv2も選択できるため、セキュリティ対策についてカスタマイズが可能。

 

VPN 海外サーバー 違法|注意事項

VPN(Virtual Private Network)はオンラインプライバシーを保護し、セキュリティを向上させるための強力なツールです。しかし、正しく使用するためには注意が必要です。以下に、VPNを使用する際に考慮すべき注意事項を解説します。

1. 信頼性のあるVPNプロバイダーを選ぶ

VPNプロバイダーの選択は重要です。信頼性のあるプロバイダーを選び、そのプライバシー保護ポリシーを確認しましょう。無料のVPNサービスは注意が必要であり、セキュリティやプライバシーのリスクがあることがあります。

2. 違法行為には使用しない

VPNはプライバシー保護とセキュリティ向上のためのツールですが、違法行為には使用してはいけません。違法なダウンロード、ハッキング、コンテンツの違法な配信などにVPNを利用しないようにしましょう。

3. セキュリティ対策の強化

VPNを利用する場合、セキュリティ対策を強化しましょう。強力なパスワードの使用、定期的なパスワードの変更、マルウェア対策のアップデートを行い、セキュリティを確保しましょう。

4. 公共のWi-Fiネットワークでの利用にはVPNを活用

公共のWi-Fiネットワークを利用する際には、VPNを有効にしてセキュリティを向上させましょう。公共のWi-Fiはセキュリティの脆弱性が高いため、VPNを使用してデータ漏洩を防ぎましょう。

5. 適切なVPNプロトコルを設定

VPNプロバイダーが複数のプロトコルを提供している場合、セキュリティと速度のバランスを考慮して適切なプロトコルを設定しましょう。一般的なプロトコルにはOpenVPN、IKEv2、L2TP/IPsecなどがあります。

これらの注意事項を守り、VPNを正しく使用すれば、プライバシーとセキュリティを確保しつつ、制約のないインターネット体験を楽しむことができます。VPNを効果的に活用しましょう。

佐々木遙をフォローする
海外の動画サイト見るならかんたんVPN